熱帯魚・海水魚・飼育器具販売 水槽リースの専門店

海水魚 水槽 通販∥海水魚の水槽のリース・販売 大型水槽も取り揃えております

ホーム海水魚リース設置例
■海水魚の水槽設置例

ミュージアムの設置から完成までをご紹介します。
今回の海水魚水槽の設置は名古屋市にある
ファッション系のお店です。

写真の機器は水槽の下に設置する
ろ過装置等の機械です。
こちらは水槽。
運搬時・搬入時に傷がつかないよう
梱包もしっかりしています。水槽のサイズは
幅150cm×高さ70cm×奥行45cm
水槽には実に350リットルもの海水が入ります。
搬入のために一時外された水槽の装置
水温調節+ろ過装置です。
設置台が収まりました。
今回の設置は壁面埋め込みのため
壁の奥に小さな水槽のお部屋が設けています。
350リットルの重さに耐えられるよう
あらかじめ床の強度もご相談時に
お調べいたしますのでご安心ください。
いよいよ水槽の設置です。

この黒い面は裏面となります。
上部についている黒い箱は照明機器です。
2人がかりで慎重に取り付けます。

大容量の海水を維持するために
特殊加工されたアクリル製水槽は
さわととの自慢の商品です!
設置しながら微調整をします。

わずかな傾きも見逃さず
枠にしっかりと固定します。
水槽の設置後に再び各種装置を
セッティングします。

水槽に並びこの装置は大変重要で
海水魚達が快適に暮らすには必須なのです。

見えない場所も妥協を許さないのは
お客様への信頼の証です。
一方駐車場の作業車では・・・
350リットルもの海水を台車に載せた
大きな水槽に入れています。

ひとつ200リットルのタンクは満載時
非常に重くなるので慎重に店内に運びます。
作業車の中には・・・
約1トンまで積載可能な巨大タンク
通称「アオタン」
新鮮な海水を満載しこのような設置や
メンテナンスに出かけます。

1トンもの塊が積載なだけに
加速もブレーキも悪く安全運転で
走っています。
水槽では海水が入る前に水槽内の
ディスプレーを行っています。

どのように配置するとお客様から綺麗に
見ることが出来るかは長年の経験で
判断しながら丁寧に創り上げます。
水槽下の装置にろ過の材料をいれます。
内部には殺菌灯なども設置されており
海水が汚れにくい設計となっています。
海水を水槽に入れます。
水槽に3割程度まで海水が入った時点で
海水魚(今回はルリスズメ)をいれます。
入れるときには慎重に。
ようやく水槽らしくなってきました。
水槽に海水を全て満たします。
水槽に海水が全て入り電灯もついた状態
いよいよ水槽の完成です。

とはいってもまだ魚達は緊張気味で
隠れたりしています。

底面にもサンゴはまだ敷くことが出来ません。
水槽の内部が安定するのは搬入より約
1週間後が目安です。

1週間後にサンゴを敷き、新しい海の仲間達を
入れると完成です。
背面が写っていますが黒色の背景があります。
緊張気味の魚たち。
しばらくすると自由に泳ぎまわりますよ。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス